ロゴ
HOME>Utility>相手側に問題があって離婚をするなら慰謝料を請求しよう

相手側に問題があって離婚をするなら慰謝料を請求しよう

男女

離婚問題に強い弁護士に相談

近年離婚をするカップルが右肩上がりになっており、慰謝料をめぐって弁護士へ相談を持ち掛ける件数も増えてきています。離婚はただ離婚届を提出すれば終了という訳ではなく、金銭に関する問題なども発生してきます。離婚問題は一人で抱え込まず、弁護士へ相談するほうがトラブルを少なくすることもできます。

割れたハート

離婚するにあたって得られる慰謝料

離婚する上で得られる慰謝料は主に4つのケースです。不倫や浮気・家族からのDVやモラハラ・悪意の遺棄やセックスレスの場合です。状態によっても金額には差がありますが、不倫の場合は300万円から400万円前後が相場です。また、DVやモラハラは多くて300万円ほど。悪意の遺棄もDVの場合と同じくらいとなっており、セックスレスは100万円〜300万円ほどです。

離婚のタイミング4選

喧嘩

夫が仕事を退職する時

夫が仕事を退職する時とは、退職金で自身の慰謝料以外にも財産分与が期待できるということで、今「熟年離婚」をする高齢カップルが増えてきています。退職の前に離婚の話をすることも決して珍しい時代ではないのです。

結婚後こどもが居ない場合

結婚をしたがお互いの性格が不一定ということが原因で、結婚後すぐ離婚をする人も珍しくはありません。子どもがいない場合、お互いに人生のやり直しが可能なので、離婚もし易いでしょう。

浮気の証拠が見つかったとき

夫もしくは妻の不貞に関する証拠が見つかった時、相手に離婚の話をすることが出来ます。この場合、慰謝料の請求は妻もしくは夫の浮気相手に慰謝料を請求することが可能です。

DVやモラハラで精神的に限界を感じた時

最近夫もしくは妻から暴力だけではなく、人格を否定するような発言で精神的に追い詰められる人が増えています。この場合もボイスレコーダーにその音声を録音するなど、証拠をきちんと揃えれば離婚を切り出すタイミングになります。